2014 Art Direction

日本文化の伝統とアメリカンスタイルの共存
Japanese Kimono Style Featurring American Style
着物&See Through fashion

日本の伝統的ファッションスタイル着物。着物と現代の流行、アート、現在の発想を交えたファッション。一見、現代のファッションスタイルの感覚とは関連性が全く無い様に思われがちですが、最近では Prada, Louis Vitton , などの一流ブランドが、着物、アジアのオリエンタルにインスパイアされてコレクションを行っています。
又、今年の流行である see ThroughもKeywordに加える。
洋服や、靴ははもちろん、バック、 I-phone Coverなどの小物などもうまく取り入れて、
アートディレクションしていく。
今回は着物や帯、下駄といった日本の伝統品を使用しどれだけ近代的にAsian Beauty
なイメージで作れるかに挑戦して欲しい。

AD 2014jpanese-kimono-feat-usa-stylepsd

AD 2014 kimono1.xlsx

AD 2014 See Through

2014 Hair&Make Art Direction

1,マーメイドメイクアップ
濡れた艶のある肌に、濡れた輝くヘアー、特に雑誌で夏に登場し気になるルックスだ。濡れたヘアーを動かすのは実は意外に難しい。濡れたメイクを作るのもどのプロダクツを使うかでテクスチャーも変わってしまい、思う様にうまく出来ない。ヘアーのバランスを考えたり、肌をいかに自然で均等にシアーな感じに見せるかが重要。
ブルーのアイシャドウにあえて挑戦。白人モデルさんでも黒人さんでも似合う。この質感はうまく出来るとかなりかっこ良く仕上がるので挑戦してみたい。

2,ビビットカラー
オリエンタルなスタイリングにもヨーロピアンなスタイリングにもあうメイク。
メイクのここでのポイントとして衣装に有った色を見つけて一色鮮やかな色をや模様をアクセントとして加える。ボディーペイントを足す事によって更にインパクトのある作品に仕上がる。

3,ナチュラルメイク&ヘアー
薄い化粧に見えそうだが実際はかなり作り込んだ肌、チーク、リップ、シャドウ。 実際に ナチュラルに見せるメイクは難しい。モデルの個性を瞬時で見つける事も難しい、モデルの表情等見て引き算足し算も難しい。そして写真に出るナチュラル感の秘密は無造作に作ったエアー間のあるヘアーだったり、表情だったりする。

AD 2014hairmake

2013 Art Direction

Love&Peaceをコンセプトのファッション
今年は映画ギャッツビーの大ヒットによりファッションもクチュールより。ギャッツビーの時代背景1920年代は第一次戦争が終わり盛り上がっている狂喜の時代、
50’s,60’sはベトナム戦争が激しくなり徴兵制度に反対する若者達がヒッピーとなり世の中の流れに反抗ののろしをあげる時代。
この2つの時代背景を織交ぜてのアートディレクションになっています。

1920’sの第一次戦争後の世界観、1960’sのベトナム戦争の世界観、そして現代における、日本、韓国、北朝鮮、韓国などのアジア圏における交友関係の不安定さなどを含めて、愛と平和をイメージしてファッションショーを通して訴える。

ファッションとしては「フラッパー」(現代娘)スタイルと呼ばれ、コルセットを外し、細身の膝丈のドレスを着用。又、いわゆる不良系、Cool & Beauty、Independent Girl独立した女性(男性を頼らない)をファッションなどもイメージする。60年代はヒッピー、ボヘミアンスタイルなども主流となった年代
。両時代とも共通する背景は”自由”。このコンセプトをキーワードにスタイリングをクリエイトしていく。

AD 2013-lovepeace

2013AD bohemian3

AD 60s-hippiebohemian2-copy

AD 60s-hippiebohemian1-copy

2013 Hair&Make Direction

1920’sのメイクー細い眉毛、セクシーなふさふさまつげ、ワインカラーのアイシャドウで目を囲む傾向にある、赤い挑発的なリップ、リップラインがくっきりしている。

1960’sのメイクーイメージに合わせてのナチュラルで健康的なメイクで表現する。
Skin(肌)—日焼け肌とナチュラルな質感の中間。
Eye(目)-トープカラーでふんわり目を囲むが色が甘すぎない様にして、ブラックのライナーで上まつげの際は締め、場合によっては太めに書いてセクシーな目元を表現する。
Lip(唇)— ナチュラルなマット感も有りつつチークボーンを強調し、若干こけた印象を交える事でユニセックスなイメージが生まれる。

AD 2013hairmake

2012 Art Direction

50’s,60’s Style
California バービドールとの融合

2012年はCalvin Calin, Chloe,True Religionなどが、50’sのSafari流のメイク(小麦色)をキャンペーンで押し出している。
大手コスメティックブランド”MAC”は、今大人気のNickie Minageを起用して
バービードール(ベビーピンク、ネオピンク、ネオンイエローなどの原色)メイクを一つのテーマとして打ち出しています。

60’sに流行したTwiggyスタイルとヒッピースタイル。カラフルなら色の洋服にMACの原色スタイル を合わせる。
又、フランスのデザイナーとして名を馳せるJean Paulの今年のデザインも60’sのジプシーを織交ぜている所から全体のコンセプトにマッチング。
California & ヨーロッパのクチュールスタイルを現代風にアレンジする。

Art Direction 50s-60s-style

AD 60s-twiggy1-copy

AD 60s-mods-1-copy

AD gypsy-style1-copy

2012 Hair&Make Direction

2012年はCalvin Calin, Chloe,True Religionなどが、50’sのSafari流のメイク(小麦色)をキャンペーンで押し出している。
小麦肌に太めの眉毛、キャメル色のアイシャドウにオレンジベージュのほんのりリップスタイル。

1960’s make-up.
ツイギーの時代。ファンデ、リップはナチュラルなのに突然目だけ大きく見せるテク。チョークはカジュアルに見せるために柑橘系やブリックオレンジ等使用。アイシャドウはブルーやグリーンでポップさを出すため使用。ホワイトのライナーも白目を大きく見せつぶらさを出す為に使用。エレガントでありつつポップさも出せているのがこの年ならではのおしゃれブームが伝わる。

AD 5060a-hairmake

 

 

2011 Art Direction

 

“Cow Girls”
-インディアンスタイルとの融合-

Hollywoodで有数のワードローブのレンタル会社 “United American Costume”.
http://www.united-american.com/
社長が西部劇の映画の主演で有名なJohn wayneのスタイリストでした。
その影響で弊社には西部時代の衣装がたくさんストックされているので”Cow Girls”のテーマで
撮影会が行われました。
レザー、アクセサリー、ダンガリーシャツ、デニムなど基本的なキーワードをベースに10種類の
スタイリングを組み立てて行きました。
レザーをメインに重厚なスタイル、ダンガリーシャツとデニムのシンプルスタイルにアクセサリーで
全体を整えるスタイルなどとCow Girlsをオシャレにクリエイトしました。

Art Direction cow-girls

 

2010 Art Direction

Bloger Style & Retro American
(ブロガー) (レトロ アメリカン)

Bloger Style
常日頃、ファッションのお手本として注目を浴びている流行のスタイルは、映画,雑誌,TV等のメディアを通して発信されてくるのが 一般的であった.そこに新たにセレブでも一流モデルもない、ファッションブロガーと呼ばれる人達が発信するスタイルが注目されている.
全体的にリラックスタイルをイメージにしているため、若干、ゆったりとしたサイズの服. リラックス感のあるカジュアルスタイル.

レトロアメリカン
ギンガムチェックシャツ、ダメージデニム,プリントTなど昔懐かしのレトロ感覚のスタイルの復刻版. 70’sとアメカジを取り入れ、現代風にアレンジしたスタイル.
ブロガースタイルの基本となるユルカジと相重なるところもあり、彼女達の間にも話題となっていて、まさに 現在の流行ファッションをリードしているスタイルとなっている.

Art Direction retro-american